<< わたし達の運命の出会い vol.2 | main | わたし達の運命の出会い vol.4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
わたし達の運命の出会い vol.3
結婚を意識し始めたころから、
できれば実家近くで好きな人と結婚して
家庭を持ちたいと考えていました。
ただ、恋愛が必ず結婚に結びつくとは限らないし、
そもそも身の回りにこれという
出会いもありませんでしたので
私にとって相手を探す上で
恋愛が最適ではないのかも・・・と感じ始めていました。

それでも、恋愛以外の方法、
お見合いをするのもいきなりな感じがして不安だし、
本当に自分に合う人とめぐり合えるのか・・・
正直に言うと結婚相談所にも
あまりいい印象を持っていなかったので、
どうしたらいいのかわからないまま、
いつかは結婚をして自分の家庭が欲しいという
希望だけを漠然と持ち続けていました。

そんな時、北近畿限定の結婚相談所があることを
両親が知り、説明だけでも聞いてみると
予約を入れてくれました。
それを聞いて、北近畿限定ならいいかも・・・とは思ったのですが、
突然現実味をおびてきた結婚相談所入会に対して
心の準備もできておらず、
両親の気持ちもわかっていながら
「余計なことしないで」と予約を取り消してしまいました。

それから3週間ほどして、
よく考えてみると結婚をただ漠然と望むより、
一度どんなところか話を聞いてみるのもいいかもしれない、
何かを変えるきっかけにでもなればいいなと思い直し、
今度は自分から予約を入れて
一人で説明を聞きに行ったのが
ピュアウエディングとの出会いでした。

期待と少し不安な気持ちで
ピュアウエディングを訪ねてみると、
サロンはアットホームな感じがしたので、
身構えることなく素直に自分の気持ちや希望を
相談することができました。
結婚を希望する真面目な人と
スムーズに出会えそうな感じがしました。
思い切ってこんな形で結婚相手を探すほうが
かえってシンプルでいいと思い始め入会を決めました。

それから1週間と少しして、
いいなと思う会員の方と
初めて会ってみることになりました。

その後、時には衝突もしましたが
2ヶ月後に私たちは入籍をして夫婦になりました。

彼との結婚を決めたのは、
最初から一緒にいることが自然で、いろんなことがあっても、
例えば彼が三回目のデートでシャツに歯磨き粉を付けていても(笑)
私にとって彼は、ほかの誰とも違う特別な感じがして
彼への穏やかな好意は強くなる一方だったからです。

結婚して8ヶ月が過ぎ、
私のお腹には赤ちゃんがやってきてくれました。
今は、大好きな彼と結婚をして、
毎日ほのぼの幸せに暮らしています。

最初の数ヶ月は、一緒に暮らしてみて初めて気がつく
彼と私の考え方の違いに戸惑い、
そもそも違うということに納得がいかず、何度も喧嘩をし、
時にはもう卒業したはずの
ピュアウエディングのカウンセラーの方に
話を聞いてもらったりもしました。
私にとってカウンセラーの方は、
第三者的な見方で適切にアドバイスしてくれる
親戚のお姉さんのようだったためつい甘えてしまいました。

それからしばらくかかりましたが、
彼も私も二人で暮らしていくにあたって
互いに変化したほうがいいところは変化していこうという
気持ちが芽生えたせいか、
違いや問題も二人で乗り越えられるようになりました。
互いに分かり合うための時間が必要だったのかもしれません。

彼とは、最初に会ったとき、お互いに向かい合って
椅子に座って緊張して話をするより、
この人とはのんびりリラックスして
好きなようにおしゃべりをするのが
自然だなと感じました。

今は、私が望んだように、
眠る前、思いついたままおしゃべりをして、
眠たくなったり話し疲れたり、
話すことがなくなると
手をつないだまま眠ったりします。
時に私が話しすぎて
彼に口をつままれるということがありますが・・・。

こんな風に一緒にいることが自然なままで年をとり、
ありふれた毎日の中で家族を育み、
家庭という単位となって
社会で根を張って生きていきたいというのが、
当たり前でささやかだけれど私の人生の夢です。


ピュアウエディングに入会してから結婚するまで
2ヶ月と少しのことで、出会ったのは彼一人だけでした。
ピュアウエディングで出会えたことが運命だった気がします。

《兵庫県北部在住 30代前半女性》

| 女性編 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:32 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pure-story.jugem.jp/trackback/4
トラックバック